マネージド・フューチャーズで資産運用

2008年11月までのマネージド・フューチャーズと世界株式指数の2008年の年初来リターンです。

Credit Suisse/Tremont Hedge Fund Index(Managed Futures)   15.97%

Dow Jones World Index                          -44.97%



マネージド・フューチャーズとは

マネージド・フューチャーズは、ヘッジファンドや先物取引の専門業者が、投資家から集めた資金を元手に、通貨、コモディティ、株式、債券など世界中の先物市場で運用し、いかなる局面においてもプラスリターンの獲得を目指す投資手法です。
オルタナティブ運用ののひとつがマネージド・フューチャーズです。
これは「管理された先物」と直訳されるとおり、先物商品を取引し管理することにより、リターンを追及します。


相場の下落も収益機会

マネージド・フューチャーズ(先物取引)は原油などコモディティ市場のほか、株式、債券、通貨など金融商品市場でも極めて活発に行われています。
重要なのは、先物の場合、現物を受け渡すことなく、反対売買による差金決済により取引を清算することができるという点です。
そのため先物市場の参加者の多くは、例えば原油そのものを取得したい(実需)のではなく、価格変動を捉えて利益を得ること(投機)を目的としています。
上場先物の高い流動性や透明性に着目してのことです。
レバレッジによる効率的な運用も可能であるうえ、先物を売り持ちすることで、相場の下落をも収益機会に変えることができるのです。


トレンド・フォロー戦略による収益機会獲得

マネージド・フューチャーズの運用方法の多くは、トレンド・フォロー型が採用されます。
テクニカル分析やマクロ分析に基づき、各種先物市場のトレンドに追随することを目指します。
また、マネージド・フューチャーズはヘッジファンド投資戦略に含められますが、株式ロング・ショート、マーケット・ニュートラル、アービトラージといったヘッジファンド戦略と比べると、それらの戦略では市場の「歪み」が解消される過程でのリターンを逆張り的に狙うのに対し、マネージド・フューチャーズの場合、発生したトレンドに乗ることを順張り的に狙うという点で異なる性質をもっています。



マネージド・フューチャーズと各資産クラスの相関係数

米国株式  -0.05

米国債券  0.24

世界株式  -0.06

世界債券  0.22

コモディティ 0.15



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。